「沈まぬ太陽」ドラマ化!

 

お~。待ってました。

上川隆也の恩地かぁ、若干脂っこさが足りない気もするけど、楽しみ。WOWOWで来年5月に放映だそうで、民放でもどうせ日本のテレビ一切みれないし、いずれDVDでみようっと。WOWOWのドラマ、凄く上質でいいですね。ダブルフェイスなんか凄く面白かった。

小説「沈まぬ太陽」、墜落時の描写が強烈で、その後飛行機乗りたくなくなってしまったくらい。他にもっと臨場感ある描写の本もあるんでしょうが、私みたいな小心者にはこの本で十分過ぎました。

読んだ後、これどのくらい本当の話なんだろうと気になっていろいろとネットで情報も探しました。

ネットの事なのでどこまで本当か分かりませんが、自分の認識では、主人公恩地は半分フィクションの人物。実際の人物は、救援隊・遺族係になど配属されていなかったそうですし、アフリカ駐在もかなり楽しんでされていたという話もあります。でもこれはいろんな角度からとらえられる事ですが。

JALについては本当に悪党集団のように描かれていて、よく出版できたなと思いました。こちらも信憑性はどこまであるのかと思ってしまいますが、やはり小説として面白おかしく着色していることを前提に、全て正しいとしてしまう事は避けた方がよさそうです。

それでも、あれだけの内容を丁寧に取材して小説にされた山崎豊子さん、素晴らしいです。

渡辺謙主演の映画もDVDで観ましたが、やっぱり物足りないですね。全5巻もある小説を映画化はやっぱり無理がある。それだけに今回はドラマで全20話という事なので、本当に楽しみ。

沈まぬ太陽


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.