ちらし寿司と白和え

   2015/12/16

日本から持ってきたホームベーカリーの差込口、スタビライザーの右と左間違えて220vの方に差し込んで煙を吹きました。あ〜ショック。。。今近くに修理に出してみてますが、どうなるか。

 

ランキング参加はじめました。ポッチとご協力いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 

ところで白和えは最近よく作る日本食のひとつ。

今朝市場でタケノコを手に入れたので、朝から張り切ってちらし寿司と白和えを作る事に。

白和えは意外と簡単で、豆腐を茹でてミキサーにかけ、砂糖とケチャップアシンと胡麻油で味をつけ、茹でて切ったカチャンパンジャン、カンクン、人参、モヤシを入れて和えるだけ。本当は胡麻を使うところだけど、日本から持ってきたのは貴重なのでおいて置いて(ちなみに胡麻は今種から栽培中)。

白和えってこちらのウラッブに似てるから、ウラッブジュパンと呼んでいます。お手伝いさんは普段私の作るものはあまり好きでないみたいだけど、珍しくこの白和えが気に入っていて、作ったらいつも持ち帰り。

重要になるのは豆腐のクオリティですが、ここでは問題なく安くでおいしいお豆腐が手に入ります。豆腐の話はまた後日。

手間がかかるのはちらし寿司。なんせ豆腐から揚げ作ったり、ワラビをアク抜きしたり。干ししいたけは輸入食材屋さんで売っているのを水と砂糖でもどして。竹の子は茹でたのが袋に入って売っていて、一袋30円ほど。雨季にしか市場で見ない気がするけど、やっぱりこちらでも時期があるんでしょうか。でも日本の竹の子の方がやっぱり味はいいなぁ。こっちのは硬い部分も雑に切って一緒に混ざっています。

ワラビは、これは本当のワラビではなく、ワラビの仲間なような。味は似ている気がしますが、日本のほど苦味みたいな味わいがなく、毛が多くて汚い。

これらの食材を砂糖とケチャップアシンと日本のダシと煮干で炊いてようやく完成。(煮干はこちらの市場で売っている子イワシで作れました)

そして貴重な最後の日本米を使用。一年前に持ってきたものだし、もうさっさと使ってしまおうということで。こういう日本の食材、大事にしすぎて必ず古くしてしまう貧乏性の悲しい性。出汁用コブも、もう1年以上前のもの。ふんだんに使って、お手伝いさんにも振舞ってしまいます。

市場で買った食材

市場で買った食材。左はモヤシ1キロの袋。右はトウモロコシ1キロ。奥はトマト2キロの袋。わらび、カンクン、キュウリ、カチャンパンジャンにテンペに竹の子4袋。これだけ買って500円ほど。安い食材万歳!

お手伝いさんにもお土産

お手伝いさんにもお土産。庭に植えてるシソの葉と花を添えて。価値分かってもらえないだろうなぁ。

こっちの胡麻油

こっちの胡麻油。かどやの胡麻油ほどではないけど、美味しいです。他にもブランドありますが今のとここれが一番。

こっちの酢

こっちの米酢。これを見つけたとき、やったと思ったんですが、日本から持ってきた米酢と香りが全然違う。だけどローカルのケミカルっぽい酢よりはマシかなぁ。そのうち自家製酢作ってみたい。


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.