森永の戦略

   2015/12/16

出産直後、二人目といえどいきなり母乳が出るはずもなく粉ミルクを使うわけですが、産院で

「○○と××と△△、どこのブランドにする?」

なんて訊かれて、さっぱり分からないので適当に選んで飲ませた訳ですが、結果生まれたばかりの子どもの顔中に蕁麻疹が。

 

ランキング参加はじめました。ポッチとご協力いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

 

こっちのミルクのクオリティの問題なのか、子どもが繊細だったのか分かりませんが、顔中真っ赤になりました。
ちなみに一人目を日本で生んだ時は、病院は基本ブドウ糖のみでミルクは与えない方針だったのですが。

とにかくそれで急遽、こちらの森永のBMTっていうのをあげると湿疹がおさまりました。何でも低タンパクなんだそうです。お値段も高いですし、きっと質もいいのでしょう。

そんな訳で、やっぱ日本の森永は違うね~なんて好印象でいたところ、さらに!
退院時にはなんと、写真右のような立派なmorinagaバッグとmorinaga母子手帳までいただきました。

すごいな、森永!

こちらには母子手帳なんてものは存在しないので、このような啓蒙活動をされているのでしょうか。おかげで森永、こちらではとても有名で好印象です。

そして母子手帳の右下には小さくKALBEのロゴが。KALBEと言えば、知る人ぞ知るインドネシアの製薬メーカー。森永ってKALBEと合弁会社作ってるんですね。知らなんだ~。

ただ、これは森永だけではないけど、粉ミルクは大人用も子ども用も、全部値段が高いですね。写真のような大きな缶の方で2000円ほどしますから。それでもスーパーにいくとミルクコーナーにはそれはもう色んなブランドのものがずらりっ。ミルクだけで小さな店が作れそうなほどの品揃えです。生乳が高くて一般的ではない代わりにみんな粉ミルクを飲むんでしょうね。貧乏な私は買う時結構ためらってしまいます。

 

森永BMTプレミアム

森永BMT

 

森永製品とかばん

森永製品とかばん。ミルクはこの他にもたくさん種類があり、スティクタイプもあります。キューブタイプが無いのが惜しいところ。

母子手帳表紙

母子手帳表紙

中身は日本の母子手帳のよう

中身は日本の母子手帳のよう。予防接種のスケジュールや成長曲線グラフなど載っています



↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.