地鎮祭やりました

 

家を建てようと言いつつ全く進む気配がなかったのですが、ようやく先日、いわゆる地鎮祭のようなものを行いました。
これを行ったからには、もうさっさと建てはじめるしかありませんので、さあこれから大変です。

ちなみにこの地鎮祭の前に、バリアン、いわゆる妖術師のところでこの土地大丈夫か確認してもらっています。この手の話はバリでは有名で、人間グーグルマップみたいに住所を伝えると、その場で
「あー、ここな、ふむふむ。」
って見てもらえます。
うちは問題なかったのですが、もしも悪霊がとか、黒魔術が潜んでいるとか言う話だと、おそらく儀式のレベルが変わってくるのだと思います。
バリアンの話は複雑なので、また機会があれば。

ところでこの地鎮祭、バリのは日本と少し違うかもしれません。
色んな種類の儀式がある中で、家を建てる前のものは土地浄化の意味が強いらしく、先日のニュピ前日と同じ、悪霊を追い出す儀式です。従ってこの式を行うのはニュピ前日が最良という事になり、オゴオゴやらの準備で忙しい最中、土地の元オーナーさん一家に執り行ってもらいました。

元々田んぼだった土地なので、住み着いている神様・悪霊の種類が違うからそれらに退散していただき、新たに宅地用に土地を初期化しましょうっていう事っぽいです。悲しいかな浄化より初期化って言葉がピンとくる。
こういう悪霊系の儀式をムチャルと言いますが、チャルは生贄って意味。
お坊さんがマントラ唱え終わったくらいに、用意してあったまな板でココナッツや赤タマネギを刻み出し、お料理でも始めそうな様子でしたが、その後ピヨピヨ鳴いてる小さな鶏さんの首を、そのまな板でチョンっ。
滴る血をココナッツの上にピタピタと垂らして終了。
後に、アヒルさんも犠牲になってもらっていた事に気付きました。
最後に穴を掘り、それらの屍を全部埋めて終了。

地鎮祭。もっと軽いものと思っていたけど、ちゃんとクバヤ来て正装して、お供え物代は4ジュタ(3万5千円ほど)。中々重要なものだったようです。

ところで今回お願いしている大工さん、バリ人がメインなんですが、建て始める日取りが細かいです。ガルンガンの後、クニンガンの前のタイミングで始めないとダメだと。
日本もそういうのあるけど、バリは特に、日取りにうるさいですね〜。
ムチャル地鎮祭

ムチャル地鎮祭

ムチャル地鎮祭

ムチャル地鎮祭

ムチャル地鎮祭


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. lele より:

    地鎮祭終了おめでとうございます!
    これからがんばりどころですね!
    子ブタ、小鳥さんの生贄は毎回背筋がひやっとしてしまいます。
    鳴かなくなった屍体が放置されているのを見ると本当にかわいそうで…
    ともあれバリの土地の浄化には必須ですからね!
    建設経過も楽しみにしています!

  2. ただのしまねこ より:

    leleさま

    ありがとうございます!
    慣れないとビビりますよね。シンガラジャだとああいう光景あんまり見ない気がします。やっぱウブドは濃いなぁ。
    家作り、既に色々と難題が出てきてます。トホホ。またまとめて載せていきますのでお楽しみに~。

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.