バリ島で重曹とクエン酸を大量に手に入れる

 

昨日は二軒隣のヴィラでローカルの学生がどんちゃん騒ぎ。静かな別荘エリアなのに…。

オフシーズンで凄く安い設定にされてるみたいで、この時期たまに地元の子が泊まったりするみたいです。

安いって言っても1泊1ジュタ近くはするんですよ。大人数で割安にはなってるんでしょうけど。ローカルも変わってきてます。

 

さて、お掃除や健康法にと大活躍の、クエン酸と重曹。
バリでも安くで手に入ります。

スーパーでも小さい袋のはあるんですが、もっと大量にほしいところ。

あります。主に、町の大き目の製菓材店で扱ってます。

クエン酸はcitric acid、重曹はsoda kueとかbaking sodaとかいう名前。

南部だとUD FENNYが有名ですが、製菓店、結構どこの町にもある気がします。

シンガラジャにもあったし、ウブドだと、ギャニャールで入手できました。

toko bahan kue で検索すると出てきたりしますよ。

値段はどっちもだいたい1キロ 15000ルピアくらい。130円くらいですかね。安いです。

IMG_6978

製菓店、どこもそうなんですが、雰囲気が怪しい化学薬品の店なんですよね。色粉とか、リットルのボトルで凄いいっぱい扱ってますし。富沢商店とは違います。

IMG_7003

 

なので、化学薬品を求めてる方にはぴったりの場所かも!

昔、豆腐作り用のニガリを求めてこういったケミカル類扱ってるデンパサールの店で、塩化マグネシウム1キロとか買ったりしてたんですが、あの店はどこだったんだろう。白くて怪しい粉がいっぱい置かれていたんですけど。

今はネットが充実してるから、こういったkimia類も、普通に購入できそうです。洗濯用の過酸化水素とか、欲しいなぁ。

 

ちなみに、日本でいう酸素系漂白剤は、こんなのがあります。

インドネシアの酸素系漂白剤

インドネシアの酸素系漂白剤

過酸化水素5%って表示になってます。

 

ところでエコの事も前から気になっていて、洗剤の種類にも気を使おうと思って調べているんですが、なかなか難しいですね。

石鹸だったらいいっていう単純な話でもないようで。

一番いいのは、あまり洗いすぎないこと。少しの汚れなら、さっと洗ってさっと干すくらいで十分。これがまず基本かも。

こっちの人ってやたらと洗濯用の合成洗剤使いまくって泡アワにするのが好きですよね。出産したときも、この合成洗剤をお祝いとしてもらいまくりましたが。

当時のお手伝いさんが、うちの洗濯用洗剤の消費量が少なくて驚いてました。

あれ誰か、そんなにいっぱい使わなくていいよ、って言ってあげないのかなぁ。

環境的にもお財布にとってもいい事なのに。大企業ばかりが得してる世の中。

 

そしてお掃除。浴槽や蛇口付近に付着して取れない水垢や石灰の塊。これらを出さない一番いい方法は、毎日最後に使った人が水滴をふき取っておく事のようです。これもいいなぁ。実践したいけどなかなか…。

 

話がそれましたが、色々と駆使すれば、インドネシアの変な洗剤類よりもずっといい効果があるかもしれないですね。

 

↓デンパサールのゴミゴミした場所にある、製菓店を営む人たちでいつも混雑してる小さな店。

UD Fenny
80111 Denpasar
JL. KARTINI NO. 83 BLOK A4-5
(0361) 224160

 

↓このギャニャールの店はやたら倉庫みたいに大きくて、アルミの型が充実してました。

SENJAYA BAHAN KUE
80511 Gianyar
jl Dharma Giri Gianyar
0812-3997-3659

IMG_7001

人間が入れそうな大きさの中華鍋

人間が入れそうな大きさの中華鍋

IMG_7005


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 通りすがり より:

    クエン酸さがしてました!
    詳しい情報有難うございました

  2. ただのしまねこ より:

    お役にたててよかったです!

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.