ウブドの雨季に家の建て方を考えてみる

 

朝7時に外出たら、

「スダマサッ?(もう料理終わった?」

って挨拶が日常なんですが、何でしょうかこれは。早起きについてはまた書こうと思います。

 

ところで、ウブドといえば、虫。

虫、虫、虫の大群です。

以前ウブドの谷の竹藪近くの崩れ落ちそうな茅葺小屋に住んでた時、ラロン(羽虫)の大群に襲われて陥落寸前になり、脱出して近所のローカル家に逃げ込んだ経験があります。

前にも少し書いたけど、ナウシカの漫画の方の、羽虫の大群に襲われるシーンにそっくり。

部屋には蚊帳もあったんですが、まったく意味がないほどの虫パワー。

 

昨晩その時のことを彷彿させられる出来事が起こりました。

虫、なんだろう。ハチみたいなアリみたいな虫が夜大量に寝室に発生し、寝ている子供たちの顔の上にとまったりしているんです。

これだとバイゴン(虫用スプレー)もまけないし、一匹ずつ追い払うしかなく、悪銭苦闘。

image

結局、隣の部屋の竹の家具の内部にこの虫の巣があるっぽくて、このあたりに大量発生しているのを発見。

image

image

私の母親は一匹でもハエが部屋に入ると狂ったみたいになる人ですが、あんな人がこんなところに来たら卒倒してしまうのではと思ってしまいます。

この時期、ウブドに限らず日中は家の中ハエだらけです。これは場所にもよるとは思うんですが。ローカル地域に近いと多くなる印象。

 

この家、賃貸で1年60ジュタです。うちにしてはちょっと贅沢すぎたんですが、空いているときいて即決め。

なぜなら、これから家を建てようとしている土地の真横にあるから。

これなら現場監督しながら家で子育てもできるし。

近い事が大事だったので、家の細かい部分は全く確認していませんでした。

でもなんとなく、ローカルの人が適当に建てた感じはわかっていてそこが心配ではあったんですが、早くもいろんなトラブルが発生しており、その処理に追われて日々が過ぎ去っております。

でもこの時期に引っ越してきてよかった。

ウブドで家を建てるってことは、このウブドの雨季をどうしのぐかって事だと思うから。

だから、今問題点をこうして確認できてる事は、とっても大事。

今のところ、きづいた問題点はこんな感じ。

 

1.風通しを考える

前面は、大きくスライディングドアが開いて、リビングから庭が見えるようになってるよくある作りなんですが、その反対側に窓が全くないので、空気が流れないんですね。それで奥の方が湿気てきます。

ウブドの湿気はそれはもうすさまじい。ブレレンではなんともなかった家具が一瞬でカビだらけです。家具、同じ場所でオーダーして一気に色々作ったものほぼすべて、カビてます。

ベッドに本棚、テーブル、椅子、食器棚など。

これら全部、虫とカビ対策のやりなおし。中のもの全部出してオイルステンを塗ってとりあえずしのぎます。この作業を、この雨季で昼から大雨のふる中やっているのでなかなか作業が進まないし。

家具に発生したカビ

家具に発生したカビ

 

2.屋根を複雑にしない

これもバリでよくある、入り口のテラスの部分が前に数メートル出っ張っている箇所。この90度に曲がっている箇所が両脇、雨漏りで豪雨の時はもうジャンジャン水がテラスに落ちてきて、ドアを閉めても部屋の中まで入ってくる始末。

まだ築6年の家らしいんですけどもね。

なんか、あれですね。できないならやらなければいいのに、こんなややこしい作り。(たいしてややこしくは無いんでしょうけども、それさえちゃんと出来ない)

 

3.庭の排水位置の確認

ものっすごい大雨が降って庭が洪水状態になります。

土地の水はけが良ければまだいいですが、水の流れを意識して溝をしっかり作るべきだなーと思います。

 

とりあえず大きくはこんなところですが、こまごまとまだまだ色々ありそう。

 

でも、こんなウブドの雨季だけれど、やっぱりブレレンより断然いいです。

なんといっても涼しいし!

それに、盆地の出身だからでしょうか。この湿気て少し寂しい感じがたまらなく心地良いです。

 

明日はオダランなので、これからブレレンの家に帰ります。
ブドゥグルあたりは大雨なのかな~。


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.