【何だこの国】ジャカルタのデモについて1

 

雨季恒例、家族全員風邪。

 

さて劇場国家インドネシア。

今回のジャカルタでの大規模デモについてネット上でも色々と話題になっているようです。

私はインドネシア語の新聞あまり読めないので、夫がネット上で仕入れた情報をざっくりと伝えてくれた事をさらにざっくりと書こうと思います。

信ぴょう性については、ネットで流れていた話というレベルです。

 

今回のデモの発端は、現ジャカルタ州知事アホック氏がコーランの一部を冒涜したという事にあるようです。

詳細はこちら
じゃかるた新聞

それで

FPI イスラム防衛戦線(Front Pembela Islam)を始めとするイスラム強硬派たちが怒って今回のデモに発展したという事らしいのですが。

 

アホックジャカルタ州知事って、華人でキリスト教徒だという事もあり、以前からイスラム強硬派にとっては気に入らない発言行動が目についたという背景があるようです。

ですがそんな事よりもきちんと目に見える実績を残してきた同知事を支持するイスラム穏健派も多数いるわけで、私の認識ではアホック氏はジョコウィと並ぶクリーンでスマートな政治家。

20万人が参加したと言われている今回のデモ。

ニュースを読み聞きする限り、アホック氏がそんなに大騒ぎするような事した?って思うんですが、さすが劇場国家インドネシア。

これには裏があるらしい。

つづく。


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.