保育園児に日本食を振る舞う

 

同じようなネタで恐縮ですが。

娘の通う保育園、今世界文化を学ぼう週間をやってるらしく、日本とかアメリカとかヨーロッパの文化を一週間ずつ勉強して、最終日には各国の食べ物を食べてみるっていうような内容らしく。

保育園で日本人の親がいるのはうちだけなので当然協力を頼まれて、日本の週の最終日に保育園児に日本食を提供する事になりました。

結構大変です。50人分なんだそうで。

そのわりに保育園から何のサポートもなく一切保護者任せ。適当でいいよ、お金も材料費くらいしか出せないし、っていう空気。

旦那も、適当にチャチャっとやれば?なんて無責任なこと言うし。

じゃああんた、50人分の日本食、適当にチャチャっとやってみなよと思うんですが。

それに、悲しいかなこういう事結構好きだし頑張ってしまうタイプだから余計に面倒。

でも小さい子なんてただでさえ好き嫌いあるし、貴重な日本食を食べるか食べないか分からない子ども達に提供するのかぁ。保育園もやる気ない感じだし、なんだかなあ。

 

でも結局やっちまいましたよ。

前日には出汁巻き作って、夕方にはエビ天用のエビやら干ししいたけやら野菜の買い出し。夜のうちに炊き込みごはんとエビの下準備して、当日は4時起きで準備。

海苔は韓国海苔が比較的安くで手に入るのでそれを買っておいて。

うちの炊飯器バカだから量が多いと芯が残りやすい。炊き込みごはんだとなおさらなので、圧力鍋と併用することに。それでも心配だから、事前に一度作って練習済み。

しかも当日は家族で浴衣まで着て。

大丈夫か。なんかはずかしーな。

 

結果は、、、まあうまく行ったんでしょうか。みんなの前で挨拶までして日本の童謡流して。

でも保育園もあまり今回の事をイベントと認識してなくて、月イチくらいのフィールドトリップだと保護者全員にSMSでお知らせとかしてるのに、今回そういうのも一切ナシ。保護者は何も知らないまま。

なんか中途半端なイベント。

それに、ローカルな人達に果たして日本食が受け入れられるのか。

以前うちでアリサンやった時にも頑張って作って日本食出したけど、なんか反応はイマイチ。普通のローカルおばあちゃんとかですしね。でもその時、なんとなく好まれるものは分かった気がします。

エビ天はみんな好きみたいです。出汁巻きと炊き込みごはんのおにぎりが微妙ですね。

ちなみに今回かかった費用は200000rpほど。調味料、光熱費はうち持ち。ダシの素は日本から業務用のを持ってきているのでそれを寄付しました。

でも思うんですけど、私が保育園の経営者だったら、こんなどこの誰だか分からない外人に大切な園児の食事を任せたりはしないなぁ。

何かあったら大変でしょうに。

こういうとこ、こちらはまだ、良くも悪くも大ざっぱなんだなあ。

保育園の日本食会2 保育園の日本食会1
保育園の日本食会4 保育園の日本食会3


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.