バリ島のチョコレート比較 4

   2016/11/12

バリ島のチョコレート比較 1
バリ島のチョコレート比較 2
バリ島のチョコレート比較 3

さて、お菓子作り用のクーベルチュールチョコレートを求めて色々とバリ島で手に入るチョコレートを食べ比べております。

ウブドのスーパーで手に入れたダークチョコレート、写真みたいなラインナップで比較してみました。

バリ島で手に入るダークチョコレート色々

バリ島で手に入るチョコレート色々

一番左が、前回絶賛したローチョコレートを作っているBIG TREE FARMS のタブレット。やはりこの4つの中ではダントツで香りがよかったです。

左から2番目は、忘れましたがどこか国産のダークチョコレート。34000Rpもするのにあまり美味しくなかったです。

右から2番目、すみません、食べかけですが、ジョグジャの会社、MONGGOのダークチョコレート。色んな種類のタブレットを販売していて結構本格的に作っている印象です。ハノマンのCaramelって本格派洋菓子屋さんでもこのチョコレートを使用しているそうです。お味は、私にとってはダークではなくミルクチョコレートのような印象。

※追記 MOGGOはその後、きちんと本当のダークチョコがスーパーで売られているのを発見しています。まだ試していないのですが、機会があればまた試して情報更新します。

一番右が、バリブッダの冷蔵庫内に入っていて、5万ルピアもしたけど思わず買ってしまったローチョコレート。プレーン味が無かったので仕方なくショウガ味なんですが、これが物凄くキツくてからい! チョコレートの味がかき消されていてちょっと残念でした。5万もしたのに。

結局タブレットのダークチョコも、BIG TREE FARMSのがダントツでした。香りが全然違う。

そして全部お高いですね。80gくらいで30万ルピア以上しますから。

 

例えば、ローカル用でお菓子用に使用するチョコレートなんか、すっごい安いんです。

お菓子用チョコレート

お菓子用チョコレート

これ、デンパサールの製菓材店で入手した業務用チョコレート1kg。これよりも、右のバリブッダで買ったこの小さなチョコの方が高いんです。まだこの業務用チョコレートの味を確認していないので何ともいえないですが、例えばホールケーキの仕上げにコーティング用として使う場合とか、貧しい私にはこういう業務用のチョコしか選択肢ないですね。他は高すぎて。

それか、

image

これ、ハーディーズでひとつ8400ルピアくらいなんですが、結構美味しいです。甘いけど。ナッツとかウエハース入らずこの値段だからコスパいいと思います。

image

これはスーパーの製菓材コーナーで売ってるチョコレート。250gで14000ルピアくらい。安いけどアブラアブラした味で、あんまり使いたい感じではないです。

おそらく二つ上の業務用チョコレートもこの手の味ではと予想します。

なんか色々食べ比べたけど、結局BIG TREE 最高、あとはイマイチという印象でした。

でも人によって感じ方は色々だから、機会があれば食べ比べてみてください。


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.