ジンバラン Bali Breezz Hotel

   2016/01/13

ウブドでの楽しい3日間があっという間に過ぎ、次はジンバランへ移動して泊まった宿が、Bali Breezz Hotel (エアコンあり。プールあり。朝食あり。TVあり。ネットは試してなくて不明)

値段も今回泊まった宿の中では一番高額な520,000Rp。もう少し狭いスタンダードルームだと460,000Rpくらいで泊まれたのに、何故か少し広めで贅沢をしてしまいました。

このホテルは、恐らくリニューアルしたてでしょうか。新しくて綺麗で今どきなインテリア。水まわりも綺麗でテレビもあって快適。お庭は広くて芝生が美しくリゾートな雰囲気もあり、思わず下の子をごろんと寝転がせてみたり。

美しい芝生のお庭

美しい芝生のお庭

芝生の上でなぜか大泣きの息子

芝生の上でなぜか大泣きの息子。白人の息子君はご機嫌なのに。

 

たまたま部屋の位置がプールの目の前で、まるでプライベートプールのようでラッキー。他の部屋の方もここを使うのに、なんだか不思議な配置でした。

お部屋。プールが目の前

お部屋。プールが目の前。プールはタイルの割れているところで足を少し切ってしまいました。安いホテルはこういう事があるから注意が必要。

 

それよりもっと不思議だったのが、友人の泊まった、我々の部屋よりも高いデラックスルーム。

なんだか奥の暗い位置にあって、部屋に入るとよく分かる建物の築年数の差。明らかに古くて、ただ広さはあって簡易キッチン付き。昔っぽい黒っぽく塗られた家具で、私たちの部屋のホワイトウォッシュ仕上げとは全く違っていて、同じホテルとは思えないくらい。

でもこちらの方が広いしキッチンもついているって事で高いんでしょうか。帰ってからサイトを見直してみると、一応部屋の写真間違っていないのですが、やっぱりこういうのって実物をみてみないと本当に分からない。

私達の泊まった部屋。スーペリア

私達の泊まった部屋。スーペリア

 

このホテルはビーチまで歩いてすぐの立地なんですが、なんせ暑くて全くホテルの外に出ませんでした。今の時期は本当にどこも暑い!
友人は頑張ってビーチまで出かけていて、「結構綺麗だったよ~」なんて言って写真見せてくれました。確かに白い砂に青い海。今度乾季に行ってみよー。なんせ今は暑いです。

気になったのは朝食。インドネシア料理かコンチネンタルかアメリカンか。チェックイン時に細かく書き留めたにもかかわらず、実際は全て無視。適当なのが出てきました。隣の白人も、頼んだのと違うって言ってたので、みんなそうなんだと思います。特にフルーツは今まで泊まったホテルの中でも最悪レベル。酸っぱいパイナップルとスイカの甘くない白い部分だけ。たまたま切らしていたんでしょう。

 

ところでジンバランといえば、新しくできた日本からのツアーに組み込まれているウォーターマークホテルと、中に入っている、在住の方に大人気のアンジェリーク・シラキ。きっと中は日本っぽくて綺麗で快適なんでしょう。

行きませんでした。

この、おいしいとうわさのアンジェリーク・シラキも、一度も食べた事がありません。きっと日本のケーキ屋さんレベルのお味なんでしょう。

ケーキもね、頑張ればバリでも自分で店並みの味出せますよ。こちらで売ってる生クリームやバターを使うと結構高くなってしまいますが、それでもバースデーケーキみたいな大きいのは手作りした方が安くですみます。イチゴもバリだと年中同じ値段で手に入りますし、フルーツも豊富だし。またケーキの話は今度かきます。

追悼よんよんケーキ

追悼よんよんケーキ

 

ジュンガラケラミックで日本のような素敵な食器をみて何も買わなかった後、これまた美味しいと噂のIBU OKIでナシアヤムを全員分ブンクス。15000Rpでも結構なボリューム。どこかで食べようと思ったら友人の飛行機出発まで時間がないのでスーパーでスプーン買って、空港で食べてねーと言ってお別れしました。

別れてから車の中でブンクスあけてみたら、凄いニオイ。あの新しく日本みたいな無機質な空間になった空港で、このナシアヤムを広げて食べてる友人を想像すると思わず笑ってしまいましたが、それでもまだバリなんだしきっと大丈夫。

IBU OKI ジンバラン

IBU OKI ジンバラン。人気店らしく、既に行列が。食堂内は人でいっぱい。

 

追記:Bali Breezz Hotelの旧名はヴィラ バリ ジュゲッで、予約時にホテルバウチャーが旧名で届いたりして混乱しますのでご注意を。


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.