歯磨きさせる方法

 

バリの人って、すぐ子どもにお菓子与えるから困ります。

実家のテーブルの上にはクエバサッというバナナの葉っぱで包んだお餅のお菓子が毎日あるし、大きな瓶の中にはいつもクルプッがいっぱい。娘はそれを見つけるとすぐに自分でとって食べはじめます。

義父はビスケットを与えるし、弟夫婦はごはんの時間なんて御構い無しにとにかく食べさせようとする。

近所の親戚の家に行くとワルンやってたりして、お店のジャンクなお菓子をまた与えられ。

そんな日々を過ごしていると、娘、殆どまともに食事をとらなくなってしまいました。

ちゃんと椅子に座って食事もまだできない。

おそらく日本の同じ年の子と比べると、躾に差が開いてきている気がします。頭が痛い。

おまけに最近歯磨きも嫌がってまともにできない始末。

歌を歌いながらとか、ぬいぐるみを使って腹話術みたいに磨かせたりとか、ドラゴンフルーツの真っ赤な汁を口元に塗ってから磨いて白くなる様を見せてみたりとか、色々試しましたがなかなか難しいです。

でも今日の方法は少し手応えが。

8ヶ月の下の子の歯を先に磨いてみるんです。下の子は嬉しいみたいでニコニコ。

それを横で見ていた娘が、

「私も磨く!」

と歯ブラシを横取りし、ゴシゴシ磨き始めたんです。そこで、

「手伝おうか?」

と言うとすんなり口を開けてくれました。

最後は

「キレイになった!あ〜、お星さまがお口の中でピカピカしてるぅ〜。」

というと、何だか自慢気な顔で

「ピカピカ。」

と呟いてエヘヘと笑っていました。これで毎日続けてくれるといいんですが。

 

 


↓↓↓色んなバリ通の方のブログでバリ島の最新情報が確認できますよ。
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.